お電話でのお問い合わせ

フォームからお問い合わせ

全国結婚相談事業者連盟に込めた想い

すべては有志の集まりから始まった

吉末:
今日は当社の誕生から、現在までのヒストリーをお聞きしながら、私たちが当社に込めた想いをお話できればと思っています。よろしくお願いいたします。
松井:
よろしくお願いいたします。
吉末:
私は2005年に新規開業者として当社に加盟したのですが、その時点で既に前身の会からみると20年の歴史がありました。発足当時についてお聞かせください。
松井:
まず私自身が仲人事業(結婚相談所)を運営しておりました。他の仲人さんからの紹介を受けて、お見合いをさせていただくことも多かったのですが、仲人業者ごとにプロフィールの内容が違うために、その都度確認をしていました。携帯電話もない時代ですから、とても手間のかかることでした。そこで、有志として集まった関西の仲人業者間で統一したプロフィールを作っていこうと動き始めたのが「5M会」です。情報の統一化だけではなく、より提案力のあるプロフィールとなるように皆で考えました。
吉末:
昭和60年(1985年)のことですね。
松井:
この会を母体として「成婚研究会」(昭和61年)、「日本良縁協会」(平成2年)へと発展していきます。仲人ごとでバラバラだったサービスレベルの適正化や、事業者間の取引ルールの整備など、様々な取り組みを行なってきました。また、特定商取引法を始めとした法律の関わりや、現代で言うところのコンプライアンス遵守も、団体として学びながら指導とバックアップも行なってきました。
吉末:
何もないところから業界のために動いてこられたのですね。
松井:
私自身もそうですが、参画してくれた仲人さんも、この仕事が幸せを届けることができるとても素晴らしい仕事だと感じていましたから、もっともっと社会的に信頼され、認知を高めていくことは当然だと思っていました。

全国結婚相談事業者連盟(旧名称:仲人ネットコム)の誕生へ

吉末:
そして平成15年に正式に全国結婚相談事業者連盟(旧名称:仲人ネットコム)が誕生するわけですが、どのようなきっかけだったのでしょうか。
松井:
平成12年には、2000年問題と呼ばれるシステム誤作動の問題が取りざたされたように、すでに生活を取り巻くIT化はめざましく発展していました。私たちもプロフィールのIT化の検討段階に入りました。約2年間の研究・開発期間を経て、平成15年に正式スタートしました。
吉末:
スタート期はどのような感じだったのですか?
松井:
システム化はできたのですが、大変だったのは仲人さんのIT化がなかなか進んでいなかったことです。当時はまだパソコンアレルギーがある仲人さんも多く、紙のファイルでないと信用できないと突っぱねられることもしばしばでした。しかし、プロフィール情報のシステム化は個人情報管理の面からも、検索やマッチングなどの利便性の面からも絶対に必要だと確信していましたから、粘り強く説得を行なって、使い方をひとつひとつ指導させていただきながら、システムを利用することのメリットを感じていただけるように努力を積み重ねました。
吉末:
私が松井さんに出会ったのも、ちょうどこのあたりの時期でした。私自身が結婚相談所を立ち上げて、色々な情報を集めている時に、当社のホームページに行き当たりました。そこから資料請求をして、松井さんがいらしてくださったんですよね。
松井:
確かにそうでした。当社を立ち上げてからは、よりよいサービスを提供するためには、仲人業者さんの数をもっと増やす必要があると分かっていましたから、自ら率先して動きまわっていました。
吉末:
その頑張りが、200社もの仲人業者様にご利用いただける会まで成長できたのですね。
松井:
それは本当に有難いことでした。ただ、5M会のころから考えると25年近くが経過し、私の中で次のステップを考え始めました。それは当社の継承です。年齢的にもそうですし、より発展させていくためにも、後進に道を譲るべきだと考えました。その時、私の脳裏には吉末君の存在がありました。吉末君は設立後たった6年ほどで、フィオーレを関西で最大級の結婚相談所に育てました。ただ、最初は吉末君が加盟店の立場であったこともあり運営サポートとして協力を依頼しましたが、一緒に運営を取り組んでみて、後を託すのはこの人しかいないと思いました。
吉末:
ありがとうございます。私自身、設立間もない頃に当社に出会えたのは幸運だったと思っています。私自身、若くして大きな理想を持って立ち上げたため、当初はどこにも頼らずに独立独歩でやっていこうと思っていました。しかし、せっかく入会いただいても、なかなかお見合いが組めない苦境もありました。当社に加盟したことで、それらの状況を一気に変えることができ、自社の会員を増やしていくことに専念できたことは大きかったですね。
松井:
今でこそ30代の仲人さんも多くなりましたが、比較的中年から年配の方が多い仲人の世界に、こんな若い人が飛び込んで来てくれたというのは未来を感じました。

代表を交替し、さらなる飛躍を目指して

吉末:
代表が交替してからのことは、私が中心にお話させていただきます。まず代表が代わっても松井さんを始めとしたこの業界の先輩たちが築いてきた信頼を守っていくことは第一だと思っています。その上で、ますます流れを早める現代にフィットする組織として変革していきたいと思っています。

私自身も2005年に当社に新規開業で加盟したので、一加盟店としてみた当社のメリットをご紹介しておきたいと思います。

まず、地域に密着した仲人さんが多いことです。結婚やお見合いは、そもそも遠く離れた男女が行うものではありません。地元の近くで出会いたいと考える人が大半です。地域密着型の仲人さんが多いと、そのエリア内でのお見合いも組みやすく、成婚まで共同して進めていくことができるんです。
松井:
フィオーレも規模は大きいが、地域ごとにしっかり支店を作って地元密着でやっている。
吉末:
私たちのサービス性質上、地域に根ざして、密にサービスをおこなう方が結婚していただきやすい思っています。当社への加盟をお考えの方には、まず最初に開業するエリアに密着してできるかどうかは成功のポイントとしてお聞きしています。

また、地元密着であることとは別に、私が特にこだわってきたのは「成婚第一主義」であることです。結婚までしっかりとお導きすることが、仲人の仕事の本質ですし、ここを目指していないと、どこかで必ずサービスレベルを低下させてしまう要因になります。当社にご加盟いただく方には、まずこの点を成功のための柱としてお願いしています。ご成婚に導いた実績は口コミや紹介へとつながっていきます。

私が主宰する結婚相談所は、延べ1万名以上の方にご利用いただいておりますが、ここまでの規模に成長できたのは、何よりこの成婚を第一に考える在り方が支持されたからだと思っています。
松井:
仲人をやっていて、何より嬉しいのはご成婚の報告だし、結婚して何年経っても折にふれて連絡をくれるカップルもいる。
吉末:
ご成婚報告は本当に嬉しいですよね。そうした人と人との関わりの部分とは別に、もっと大きな部分で仲人の仕事がより重要性を増してきているのを感じています。

例えば少子化です。このままのペースでいけば50年後に日本の人口は今の半分程度になってしまう。国も婚活支援に本腰を入れて考え始めています。仲人の仕事はこれからますます必要とされいくのではないかと思います。
松井:
婚活ブームを経て、利用者の数も層もぐっと広がった。
吉末:
20代でも婚活が当たり前の時代になってきています。まだまだ利用者は増えていくと思いますし、ビジネスチャンスでもあります。同志として活躍する仲間が一人でも多く出てきたら、本当に嬉しいことです。仲人は年齢やスキルに関係なく始められますし、興味が少しでもあれば、ぜひ私たちにご質問ください。お答えさせていただきます。
松井:
私も当社は吉末君に代表を譲ったけれど、一人の仲人としては生涯現役でありたいと思っているからね。
吉末:
そうですね。私も日々勉強です。当社として、もっと利用しやすくもっと信頼いただけるサービスを目指して頑張ります。

今日はありがとうございました。

結婚相談所開業について詳しくお知りになりたい方は
お気軽にお問い合わせください

全国結婚相談事業者連盟へのご加盟・結婚相談所開業をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。詳しい資料をお送りするとともに、お考えの事業規模に近い結婚相談所様の事例紹介や、開業にあたって気になる点をひとつひとつ丁寧にお聞きします。

資料請求・お問い合わせ
  • 西日本事務局06-6211-7757

  • 東日本事務局047-411-5077

受付:10:00~19:00(水曜日定休)

全国結婚相談事業者連盟について
全国結婚相談事業者連盟とは
全国結婚相談事業者連盟だからできること
会員構成
開業ツール作成支援
会社概要
個人情報保護方針・個人情報の取り扱いについて
結婚相談所を開業する
結婚相談所の仕事とは
業界の仕組み
開業のメリット
開業までの流れ
優秀結婚相談所紹介
KOTOブライダル
ブライダルサポートDoors愛岐
結婚相談所 ELIXIR~エリクシールブライダル~
I AND I
ブライダルサロン ル・アンジュ
結婚相談所・仲人インタビュー
加盟結婚相談所検索
よくある質問
リンクについて
全国結婚相談事業者連盟トップ
全国結婚相談事業者連盟 公式Facebook
全国結婚相談事業者連盟
株式会社エヌリンク 大阪市中央区西心斎橋2-2-7 御堂筋ジュンアシダビル7F
TEL.06-6211-6000(代表) FAX.06-6211-7758 受付:10:00~19:00 定休日:水曜日

Copyright © N-Link, All Rights Reserved.